Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「カシオペア」、「北斗星」を撮る(第10回)~「北斗星」上野駅出発ドキュメント(前編)

昨年12月以降、JR東日本のEF510-500番台も続々と完成し、7月にはいよいよカシオペアカラーの2両が納入されるようです。同社からの公式発表はありませんが、東北線各地区で客車を使用した試(訓練)運転が実施されていますので、「カシオペア」、「北斗星」牽引機の置き換えも目前という感じがします。
本ブログでは自然に恵まれた宇都宮以北で撮影した走行写真と組み合わせた関連記事が多いのですが、趣向を変えて「北斗星」が上野駅を出発する際の様々なシーンを前編と後編の2回特集します。撮影日は6月9日、11日の2日間、機材はD700+24-70mmズームレンズを使用しています。

Hokutosei departure_1
**入線前の上野駅13番線ホーム**

Hokutosei departure_2
**13番線のLED時刻表示機(日本語)**

Hokutosei departure_3
**13番線のLED時刻表示機(英語)**

Hokutosei departure_4
**寝台列車の乗客用休憩スペース**

Hokutosei departure_5
**ホーム線路側の号車ステッカー**

「北斗星」が出発する上野駅地平13番線ホームには、若者からシルバー世代のご夫妻まで様々な人たちが北へ旅立つために三々五々集まってきます。ホーム中程には休憩スペース「五つ星広場」が設置されていて、簡素ですが「北斗星」を利用される方々が座り、入線までの一時を過ごされていました。

Hokutosei departure_6
**電源車を先頭にして13番線に推進回送で進入**

Hokutosei departure_7
**係員が推進運転用ランプを回収**

Hokutosei departure_8
**先頭車両の運転士が関係機材を持って下車**

Hokutosei departure_9
**ブルートレイン便の積み込み**

下り北斗星を牽引するEF81は札幌方に連結されて本線を走行しますが、上野駅地平ホームは行き止まりになっているため、車両基地の尾久車両センター分岐点(通称:井堀信号場)~上野駅までは推進運転(上り列車も同様)で回送されてきます。同区間では先頭車両に運転士が乗務することにより、通常の制限速度25km/hを45Km/hに向上させています。因みに、推進回送で先頭車両に乗務するのは「カシオペア」、「北斗星」の運転を担当する田端運転所に所属する運転士です。
更に、電源車後部にある荷物室ではブルートレイン便の積み込みが行われていました。メール便や宅配便が普及した今日、まだ利用があるとは私自身も認識していませんでした。でも、北斗星を利用すると仙台・盛岡地区には最も早く荷物が到着するんでしょうね。納得です。

Hokutosei departure_10
**指定された車両に向かうヤング・ファミリー**

Hokutosei departure_11
**6号車に乗車するグループ**

Hokutosei departure_12
**列車をバックに記念撮影**

回送列車が到着しドアが開くと、乗客は個室で寛ぐ、売店で買い物、記念写真の撮影など発車までの10数分間にそれぞれの自由時間を過ごし、ホームには寝台列車独特の雰囲気が醸し出されます。旅に対する期待感でしょうか、皆さんの笑顔が印象的です。

Hokutosei departure_13
**食堂車(グランシャリオ)に食材を積み込む係員**

Hokutosei departure_14
**お客さまを迎える準備をするスタッフ**

在来線の特急列車で食堂車が連結されている「カシオペア」、「北斗星」限定のシーン、ゆったりと寛いだ旅を演出するには必須の要件ですね。是非、その料理を食べてみたいと改めて思いました。無理かなー...。

それぞれに違う希望や期待を抱いて、一夜を同じ車両の中で過ごす多くの人たち。寝台列車にはロマンティックなドラマが存在していることを感じます。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/13(日) 16:30:12|
  2. カシオペア & 北斗星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<常磐線のEF81を撮る(第10回) | ホーム | Saitek X-65F Pro Flight Combat Flight System & Pro Flight Rudder Pedalsの使用リポート(第1回)>>

コメント

良いですねー

淘汰されるものは淘汰され、残るものが残ったという感じでしょうか。移動の為の夜行は、もはや新幹線やバス・航空機に譲って、汽車旅を楽しむ為に乗る列車が残ったと感じですね。
アメリカのアムトラックがそんな感じです。

上野駅の夜汽車の出発風景、乗客やスタッフが生き生きと描写されていて、これから始まるであろう長旅の序章が伝わってきます。まだ【北斗星】には乗ったことがないのですが、いつか家族で乗ってみたいです。
  1. 2010/06/16(水) 00:36:37 |
  2. URL |
  3. くま #tMJS4hz.
  4. [ 編集 ]

Re: 良いですねー

くまさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

>汽車旅を楽しむ為に乗る列車が残ったと感じですね。
全く同感です。ライバルである交通機関に勝る魅力や付加価値を持っていないと、お客さまから選択されないということでしょう。
鉄道事業会社も他の会社と同様に経営という観点から収入(顧客)を確保する必要があり、お客さまのニーズから外れた列車は運行収支的にも存続させるのは困難となります。残念ながら、それが寝台列車の現状です。

なお、シリーズ後編は発車の数分前からEF81 98号機(北斗星カラー)に牽引されて出発するまでのシーンを特集する予定です。今週末頃にはアップできると思いますので、楽しみにしていてください。
  1. 2010/06/16(水) 22:46:31 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

カシオペアより、サンライズより、北斗星に乗りたがる4才の息子です。

私が☆マークEF81を喜ぶ姿が相当印象に残ったようで、北斗星引退、と聞くと「車掌さんに怒ってあげるよ」と子供らしい答え。

この夏、その気持ちはかなえてあげられないけど、ホームの乗車口マークを見に行ってみたいと思います
  1. 2010/06/24(木) 20:38:08 |
  2. URL |
  3. くろすけ #-
  4. [ 編集 ]

Re: くろすけさんへ

いつもコメントありがとうございます。 優しい子鉄くんですね。

>この夏、その気持ちはかなえてあげられないけど、ホームの乗車口マークを見に行ってみたいと思います
牽引する機関車が更新され、新しい「北斗星」のステージが始まると考えましょう。

息子さんとともに、上野駅で「北斗星」の発車シーンをご覧になってください。感動が心に残るはずです。
そして、機会があればご家族で「北斗星」にご乗車ください。きっと、忘れがたく楽しい思い出を創ってくれますよ。

PS:子鉄くんのためにプレゼントしたいものがありますので、以下のアドレスにメールをいただけると幸いです。
  hiromi_makuuchi(あ)pop07.odn.ne.jp⇒(あ)を@に置き換えて、タイトルは「優しい子鉄くん」と記入してください。
  1. 2010/06/25(金) 22:45:10 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/tb.php/94-d8b2791a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。