Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄道写真を楽しもう!!(最終回)

今回は、「撮影した画像ファイルを活用するポイント」にフォーカスしていきます。作例のショットは、一部を除いてこれまでの記事で使用したものを再掲しています。

Ⅶ RAWファイルで撮影、レタッチ・アプリケーションで加工する

1.RAWファイル撮影のメリットを知る

撮影の際にどのような画像ファイルを選択していますか。
「JPEG」、「RAW」、「RAW+JPEG」、「TIFF」など選択肢は複数あるのですが、私は撮影現場で第三者に画像ファイルを手渡すことはありませんので、主に「RAW」(簡易なスナップでは「JPEG」も選択)のみで撮影しています。既にご存知かもしれませんが、RAWファイルの長所と短所を整理しておきましょう。

【長所】
1)JPEGやTIFFへのファイル変換の際に、色空間(S-RGBやAdobe-RGBなど)の選択が可能である。
2)RAW現像ソフトにより露出オーバーやアンダーを補正することができる。
3)RAW現像ソフトによりホワイトバランスを調整することができる。
4)RAWファイルによる加工・調整では、画質を劣化させることが少ない。
5)複数の現像ソフトを使い分けることにより、それぞれの個性(微妙な差)を活かすことができる。

【短所】
1)RAW現像ソフトによりJPEGやTIFFの画像ファイルが生成されるため、手間と時間が必要で即時性に難がある。
2)同一サイズのファイルではJPEGよりも数倍の容量を必要とする。
3)RAWファイルのみ(JPEG、TIFFのみの場合も同様)で記録する場合、保存に失敗すると撮影画像の再現が困難になる。

特に大きな特長だと考えられるのが、色空間の選択、露出・ホワイトバランス補正及び画質劣化の抑制です。また、ファイル保存の失敗はこれまで経験していませんが、メモリーカードのWスロット装備機なら同一形式・同時記録により回避することが可能です。

RAWファイルのメリットを再認識して、撮影時に必要とするファイル形式を選択するようにしましょう。

2.画像ファイルを上手に活かす

画像(RGB化)として使用する主要なファイルはJPEGとTIFFの2形式が一般的です。前者は圧縮されて容量が小さく、後者は非圧縮で容量が大きくなるという特徴がありますが、JPEGファイルは加工時や再保存時の画質が劣化し易いという欠点を持っています。本項では詳細な説明は割愛しますので、興味のある方はWebや雑誌などで情報を収集してください。
加えて、ファイルの色再現性を決定する要素が「色空間(カラー・スペース)」の設定です。色空間には数多くの基準(形式)がありますが、我々が通常使用するのは「S-RGB」と「Adobe-RGB」の2種類です。「Adobe-RGB」は、「S-RGB」よりも色域(特に、青と緑側)が広く印刷用途に向くと言われていますが、モニター及びプリンターによっては非対応の製品がありますので注意が必要です。
絶対的な選択ではありませんが、Webへのアップロードには「S-RGB」によるJPEGファイルを、プリントでの作品作りには「Adobe-RGB」によるJPEGまたはTIFFファイルを使用するのが好適だと考えています。

RAWファイルからJPEGファイルやTIFFファイルへの変換の際に、同時に色空間設定プロファイルを添付(埋め込み)しておくと良いでしょう。

3.レタッチ・アプリケーションを活用する

撮影時に露出や被写体位置が適切であれば、画像に何も加工する必要はありません。実際には露出がアンダーやオーバーだったり、被写体が写っている位置が適切でないことが数多くあります。
幸いにも、画像ファイル(RAW、TIFF、JPEG)はレタッチ・アプリケーション(RAW現像ソフトやPhotoshopなど)により簡単に加工(修正)できますので、積極的に活用してみましょう。

Series E653_52
**「フレッシュひたち」のショット~トリミング前**

Series E653_21
**「フレッシュひたち」のショット~トリミング後**

Series E653_53
**「フレッシュひたち」のショット~明るさ補正前**

Series E653_15
**「フレッシュひたち」のショット~明るさ補正後**

EF81_376
**1657列車のショット(EF81)~傾き補正前**

EF81_28
**1657列車のショット(EF81)~傾き補正後**

レタッチにより画像イメージは大きく変わってきます。加工により少なからず画質の劣化が生じますので、「カット&トライ」で適切な修正レベルを見つけてください。

4.カラーマネジメントの必要性を認識する

パソコンを使って画像を見るには、液晶モニターが必須です。また、プリンターで印刷して保存するという方法もあります。
出来るだけ見た目に近い色を再現しようとする場合、カラーマネジメントと呼ばれるモニターのキャリブレーションやプリンター・ドライバの適切な設定、画像ファイルへのプロファイル(色再現情報)生成、照明の光温度や壁の色などの環境条件を整備する必要があります。

モニターは経年劣化などにより色の再現性が変化するので、キャリブレーターによる補正(キャリブレーション)は不可欠です。色再現性向上のためにプリンター、室内照明などのカラーマネジメントにトライしてみましょう。
~ 三脚を有効に使う(手持ち撮影のメリット)!! ~

日中の撮影ではカメラを2台以上使用したり、極端に足場が悪くてカメラの保持に苦労するような場合を除けば、私は三脚を使用することはほとんどありません。
その理由は、晴れや薄曇りの天候ならシャッタースピードは1/1000秒以上(ISO200、絞りf4~f5.6程度)となり、しっかりとカメラを保持すれば手ブレの可能性が低くなることに加えて、動く被写体を追いかけることで複数方向からのシャッターチャンスを得られるからです。

EF510_Hokutosei_25
**右カーブから直線区間を走行する上り「北斗星」_1(東北本線氏家~宝積寺間、D700で三脚使用)**

EF510_Hokutosei_27
**右カーブから直線区間を走行する上り「北斗星」_2(東北本線氏家~宝積寺間、D300で手持ち)**

三脚を使った場合の撮影可能な範囲は、どうしても一つの方向に制約されてしまいます。日中の撮影ではその場の状況により、手持ちで左右や後方に目を向けても良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/06(火) 22:39:24|
  2. 鉄道写真撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Dubcy Photo-site | ホーム | 常磐線のEF510を撮る(第17回)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/tb.php/308-b885779f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。