Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windows Home Serverを使いこなそう(第1回)~インストール編(その1)

PCシステムのポテンシャルと堅牢性の向上を目的に導入したWindows Home Server。5月21日(土)には、その後継となる「Windows Home Server 2011(64bitベース)」の発売が予定されています。

新製品が登場してもHome Serverならでは基本的な機能は同一と思われますので、これからシリーズで使い方のポイントをリポートしていきます。今回は、「インストールの手順と留意点(前編)」です。
まず、ホームページ(以下のURL)にアクセスして、右欄の「Windows Home Server 活用術 pp3」からガイドブック(PDF版又はXPS版)をダウンロードし、全般的な概要と機能を把握しましょう。

http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/windowshomeserver/features.mspx

1.導入方法

Windows Home Serverを導入するには、商品として販売されているプリ・インストール済PCを購入する、別にコンポーネントを用意してOSのインストール・メディアを購入するの二つの方法があります。
私の場合は、所有していた既存のコンポーネントを流用(記事URL=http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/blog-entry-115.html)しましたので、当然ながら後者を選択しています。導入に係るシステム要件をチェックしておきましょう。

2.システム要件

Windows Home Server_2
**システムの推奨要件**

要求されるスペックのハードルはそう高くはありません。以下に主なポイントをまとめてみます。

1)32bitのOSである。
Home ServerはWindows Server 2003をベースとする32bit仕様です。従って、メモリー・モジュールに4GBを使用しても3GB強しか認識できないため、実装するメモリー容量は1~2GBあれば良いと思われます。

2)高性能なコンポーネントは必要としない。
サーバーの用途がリソースの保存やホーム・コンピューター(サーバーに接続されているPC)へのデータの提供を主な目的としているためであり、必要以上に高性能なコンポーネントを使用しても宝の持ち腐れになってしまいます。

3)インストールにはDVDドライブを必要とする。
インストール・メディアがDVD-ROMのためです。インストール完了後は不要になるので、他のPCで使っているドライブを一時的に流用しても良いでしょう。加えて、インストールの際にはモニター、キーボード及びマウスが必要となります。

4)高機能グラフィックス・ボードは不要である。
サーバーで3D描画を実行する訳ではありませんので、マザーボードのオンボード・チップでも十分でしょう。

5)ハードウェアに必要なドライバが用意できているか必ず確認する。
Windows Server 2003のドライバを使用するのが原則ですが、同ドライバはWindows XPのドライバと互換性がありますので、XP用ドライバ(コンポーネントに付属するドライバ・ディスクなど)を利用するのが一般的です。

6)LANはギガビット・イーサネット仕様が必須である。
ファイルの保存、ストリーミングなどでデータの受け渡しが発生します。そのため、高速に処理できることが前提となるので、LANはギガビット・イーサネット仕様が必須条件です。ホーム・サーバーまたはホーム・コンピューターに使用するマザーボードのオンボード・チップなどがギガビット仕様でない場合は、別にLANカードを用意してください。

3.OSのインストール

Home Serverには、「サーバーインストール DVD」、「Windows Home Server Connectorソフトウェア CD」、「ホームコンピューター・リストア CD」の3枚のメディアが収められています。
インストールは画面のウィザードに従って必要事項を入力すると、数回の再起動を伴って進行していきます。その具体的な手順については、過去の記事(URL=http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/blog-entry-143.html)を参考にしてください。因みに、私のシステム(CPU=2.4GHz)では40分強を要しました。
自分の意思で設定するのは「管理者パスワード」と「Windows Updateの自動スケジュール」程度ですが、その際に注意したいのがパスワードです。

Windows Home Server_3
**パスワードの入力画面**

管理者(Administrator)のパスワードは、強度を高めるために「7桁以上の英数字で、大文字、小文字、数字が混在」していなければならず、その基準を満たさないとインストールが先に進みません。

なお、Microsoftのダウンロードセンター(以下のURL)から「Windows Home Server Power Pack 3 評価版」が入手可能です。最大で926.8 MBと非常に大きなファイルで期間限定ですが、興味のある方はダウンロードしてみてください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e3694b69-93f6-4267-b881-55ce0648c784&DisplayLang=ja

次回は、「インストールの手順と留意点(後編)」をリポートしていきます。
スポンサーサイト

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/04/30(土) 20:13:50|
  2. Windows Home Server
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「カシオペア」、「北斗星」を撮る(第26回)~北国から届く冬の便り(その3) | ホーム | 常磐線のEF510を撮る(第9回)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/tb.php/207-92eb12bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。