Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「渡船」栽培フォト・リポート(特別編)~稲刈りイベントに参加しました

蔵元「府中誉」が主催する秋の酒米「渡船」稲刈り会に行ってきましたので、その模様をリポートします。
10月17日(日)、薄曇りで暑くもなく寒くもなくの作業日和となる中、石岡市太田の善光寺内にある太田地区田園都市センター(公民館)の広場に、渡舟ファンの家族やスタッフを含めて200人強が午前11:00までに集合しました。今回も大盛況ですねー。

府中誉株式会社の山内社長から挨拶があり、田植え会と同じ田んぼで午前11:15過ぎに稲刈りがスタート。勿論、作業後には農家の奥さま手作りの料理と「渡舟」が参加者を待っています。

1.参加受付と事前説明

受付で会費を払うと運転者には「私はドライバーです」のネームカードが手渡され、食事会のテーブルを決めていきます。その後、山内社長から連絡及び注意事項が伝達されます。

Inekari event 2010_1
**山内社長による連絡事項と注意事項の説明**

2.稲刈りの開始

Inekari event 2010_2
**いざ、田んぼに出発**

会場から150m程離れた田んぼまで徒歩により移動します。

Inekari event 2010_3
**谷仲さんが刈り取りのポイントを解説(1)**

Inekari event 2010_4
**谷仲さんが刈り取りのポイントを解説(2)**

鎌の取扱いは、「両足をやや開いて中腰で構えたら、親指を上にして茎の真ん中辺りを掴み、怪我をしないようにスタンスと並行するように一気に引く」のがコツだそうです。作業の基本を教わった後は、田んぼに入って稲の刈り取りが始まります。

Inekari event 2010_5
**刈り取り作業(1)**

Inekari event 2010_6
**刈り取り作業(2)**

Inekari event 2010_7
**刈り取り作業(3)**

Inekari event 2010_8
**刈り取り作業(4)**

Inekari event 2010_9
**刈り取り作業(5)**

Inekari event 2010_10
**足首まで泥にまみれる人も続出?**

都会育ちの皆さんは、足を揃えて腰を下ろしたり、親指を下にして茎を掴んだり、握る株数が多くて茎が切れなかったりと鎌の取扱いに慣れていない方が多いようです。オッと危ない、田舎育ちの私も思わず実技指導してしまいました。(汗)
今年の9月~10月は雨が多かった影響なのか、土が思った以上にぬかるんでいます。長靴が抜けずに両足が泥にはまり込んでしまう人もいて、まるで田植え作業と同じようなシーンが見られました。(笑)

Inekari event 2010_11
**谷仲さんが稲を藁で結ぶポイントを解説**

Inekari event 2010_12
**おだの組み立て作業**

Inekari event 2010_13
**刈り取った稲を藁で結ぶ作業(1)**

Inekari event 2010_14
**刈り取った稲を藁で結ぶ作業(2)**

Inekari event 2010_15
**刈り取った稲をおだに掛ける作業**

Inekari event 2010_16
**私にも「おだがけ」ができたよー**

刈り取った稲は「おだがけ」をするため、畦道に30度位に角度を付けて静か(籾がこぼれるため)に置き、根本を藁で結んでいきます。初心者にはこれも難しい作業のようですね。
作業開始後30分程経過するとコツが掴めて刈り取りのピッチも上がり、空いたスペースに農家の皆さんが稲を干すフレームを組んでくれました。それに結んだ稲を穂を下にして掛けていきます。
土が柔軟なために稲の重さでフレームが傾くトラブルもありましたが、掛けなおして何とか刈り取りとおだがけの作業が終了。約1時間半が経過して皆さんの額には大粒の汗が滲むとともに、親も子も笑顔が溢れています。

3.楽しさ倍増の食事会

刈り取り作業で汗をかいた後は、地元の野菜を使ったけんちん汁、椎茸の炭焼き、サンマの塩焼き、刺身コンニャク、ニラのおひたしなどなど、秋の味覚満載の美味しい手料理と「渡舟」がいよいよ登場です。

Inekari event 2010_17
**「渡船」栽培農家の紹介**

Inekari event 2010_18
**つくば市の居酒屋「笠真」ご主人による乾杯で食事会がスタート**

Inekari event 2010_19
**6種類の「渡舟」を飲み比べ**

蔵元が用意した6種類の渡舟(純米大吟醸、大吟醸、純米大吟醸「熟成酒」(非売品)、純吟「ふなしぼり」無濾過原酒、純米吟醸「ふなしぼり」、純米吟醸「五十五」)が、次々とテーブルの上にある試飲用カップに注がれていきます。なんと贅沢なんでしょう。
「熟成酒」のみテイスティング(?)しましたが、あっさりとした甘味とスムーズな飲み口は正に水に近い感じ、これは旨過ぎてヤバイです!!~(^o^)/

Inekari event 2010_20
**200人以上のお味噌汁を作る大鍋(立ち上る湯気が美味しそう)**

Inekari event 2010_21
**網焼きのサンマ(秋の味覚のキングですね)**

Inekari event 2010_22
**手作りこんにゃくの刺身(シコシコした歯ごたえが最高です)**

Inekari event 2010_23
**みんなでカンパーイ!!**

Inekari event 2010_24
**大盛り上がりの各テーブル**

Inekari event 2010_25
**知り合い同士で飲む「渡舟」は最高!!**

Inekari event 2010_26
**おにぎりが美味しいねー!!**

Inekari event 2010_27
**石岡囃子(笛)のパフォーマンス**

今回は外国からのお客さまも何組か参加、「渡舟」の美味しさは万国共通なんですね。また、石岡市の高木さんによる笛の祭囃子が演奏されて会場は最高潮に、山内社長の笛のパフォーマンスもありましたが写真はカットです。(笑)
大いに飲み合い、語り合って懇親を深めた食事会も2時間半ほどで終了。参加された全ての方々が「渡舟」と手料理を存分に堪能されたようで、今回も満面の笑みがこぼれていました。

4.農家の皆さんに大感謝

200人を超える人たちの胃袋を満たすのには、前日から食材の下拵えをしなければなりません。それらの作業は主に農家の奥さま方が担当されています。

Inekari event 2010_28
**手づくりコンニャクを作る**

Inekari event 2010_29
**コンニャクを茹でる**

Inekari event 2010_30
**サンマの頭とはらわたを取る**

Inekari event 2010_31
**サンマを洗う**

Inekari event 2010_32
**ジャガイモの皮をむいてキュウリを洗う**

Inekari event 2010_33
**ネギの皮をむく**

農家のお母さま、ご主人さま、素晴らしい料理を作っていただき、本当にありがとうございました!!!~m(-_-)m

楽しいですねー、面白いですねー、美味しいですねー。渡舟ファンの皆さま、来年5月の田植えイベントでまたお会いしましょう。

府中誉のブログ「蔵元便り」
スポンサーサイト
  1. 2010/10/22(金) 06:13:07|
  2. 酒米「渡船」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<パソコンを自作してみよう(第6回)~OSインストールに係る注意点(前編) | ホーム | 常磐線のEF81を撮る(第17回)>>

コメント

懐かしい光景です

こんにちは。

刈り取った稲を束ねるのは慣れないと難しいです。
実際に結ぶのではなく、ねじって押し込むんですよね。どうしても緩くなってしまって・・・。
かける時も、半分ずつにしてしまうとくるっと回って落ちてしまうことがあるので、少ない方と多い方に分けて、交互にかけていったのを思い出しました。
でも、その後稲を刈るだけの稲刈り機でも、上手に結んでくれその結ぶという手作業はなくなりました。それでも、手間暇かけて育てたものはおいしいですよね。
脱穀、天日干し、もみすり、精米 どれも懐かしいものばかりです。
もみすりってどうやって、あの「もみ殻」だけを取っていくんだろう・・・子どもの頃おやじが大きなもみすり機を調整していたのを見て、大きなローラーの間を通過するからだと知った時は、よく考えてあるなと感心したものです。
でも今は、畑は作物を作ったとしても、水田をやってみたいという気にはなれません。
昔は手で耕したりしたと、母に聞いたことがありますが、とてもじゃないけど機械がなければやっていけませんよね。
今では、田舎の田んぼも稲を作る人が少なくなって、畑に変わってしまったところが多いです。
近くの団地の人が畑を借りて家庭菜園にされているようです。これも時代の変化なんでしょう。
小学校でも、田んぼを借りて水田を作っているくらいです。私が子どもの頃なら、何で家でしている事を学校でもしなきゃいけないの?という感じですよね。
  1. 2011/09/18(日) 16:17:06 |
  2. URL |
  3. makeichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 懐かしい光景です

makeichiさん、いつもコメントありがとうございます。昨日、「おだがけ」ポイントでグッド・ショットをゲットできました。(感謝!)

稲を束ねるのは難しいようですね。慣れないせいもあるのでしょうが、皆さんコツを掴むのに四苦八苦していました。私は撮影に専念していて、その体験はしていないのです。(汗)

>それでも、手間暇かけて育てたものはおいしいですよね。
全く同感です。労力と手間(時間)がかかるので、「おだがけ」はほとんど見かけることはありません。是非、天日干しによる美味しいお米を食べてみたいです。
農業は人間の基本的生活に不可欠であり、文化であるとともに重要な産業でもあります。これからも農業や食に関する記事を作成していきたいと考えていますので、よろしくお引き立てください。

PS:日本酒がお好きなら、「渡舟」を一度ご賞味ください。通をも唸らせる絶品の美味さですよ。
  1. 2011/09/19(月) 09:17:26 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/tb.php/142-6d49aade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。