Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「百里基地航空祭2010」フォト・リポート(第3回)

航空自衛隊の各救難隊は配備されている捜索ジェット機U-125A及び救難ヘリコプターUH-60Jにより、管轄エリア内において飛行中の機体不具合に伴って脱出した隊員(パイロットその他)の救出とともに、災害等の際には現地に派遣されて一般人の救助も行うなど、重要なミッションを担っています。

シリーズ第3回は、百里救難隊によるパラシュート・ジャンプ及び捜索救難プログラムです。

合同航過飛行に向けて3飛行隊の戦闘機が離陸すると、会場西側のスポットで待機していたUH-60Jがエンジンをスタート。そこから離陸して滑走路に沿うように南側に素早く飛行した後、基地上空に移動してホバリングします。間近で見ると、ヘリコプターは予想以上に高速で飛行するんですね。
そして、2名の隊員がUH-60Jから飛び出してパラシュートにより降下を開始します。当日は会場からの距離が遠いうえに雲が多く逆光のため、パラシュート・ジャンプのショットを撮影していませんでした。画質が最悪ですが前日のショットでご容赦ください。(汗)

Hyakuri AB - Air Fest 2010_41
**基地南側に飛行していくUH-60J 【7/24撮影】**

Hyakuri AB - Air Fest 2010_42
**パラシュートで降下する救難隊員 【7/24撮影】**

どのくらいの高度なのでしょうか、ユラユラと風に吹かれるように降下してきます。横方向の動きを細かくコントロールしながら、会場西側中程と誘導路の中間位の位置に着地しました。流石ですねー。

1回目の機動飛行及び3飛行隊毎の航過飛行が終了すると、次のプログラムである捜索救難が始まります。パラシュートジャンプの着地点付近で事故が発生、U-125Aが現場位置の特定と遭難者を発見し、UH-60Jが救出するという想定です。
まず、会場西側のスポットで待機していたU-125AがタキシングしてRWY21Lを離陸すると、同時にUH-60Jが待機していたスポットから離陸し、並ぶようにして基地南側に飛行していきます。

Hyakuri AB - Air Fest 2010_43
**右旋廻しながら基地南側に飛行するU-125A 【7/24撮影】**

Hyakuri AB - Air Fest 2010_44
**基地上空をローパスするU-125A(1) 【7/24撮影】**

Hyakuri AB - Air Fest 2010_45
**基地上空をローパスするU-125A(2) 【7/24撮影】**

U-125Aが南側からRWY03R上空をローパスして北側へ、北側からRWY21L上空をローパスして南側への飛行を何度か繰り返します。多分、この動きが遭難者の捜索を表していると思われますが、実際には救難(遭難)信号の受信と隊員の目視による発見が主になるのでしょう。

Hyakuri AB - Air Fest 2010_46
**基地南側から接近するUH-60J 【7/24撮影】**

Hyakuri AB - Air Fest 2010_47
**遭難地点に到着したUH-60J**

Hyakuri AB - Air Fest 2010_48
**周回飛行を続けるU-125A 【7/24撮影】**

U-125Aから遭難者発見の連絡を受けてUH-60Jは、基地南側から減速しながら接近し現場上空でホバリングします。同時に、U-125Aは救出作業を見守るように低高度で左旋回しながら周回飛行を続けます。

Hyakuri AB - Air Fest 2010_49
**ホイストにより現場に降下する救難隊員**

Hyakuri AB - Air Fest 2010_50
**ホイストにより遭難者とともに引き上げられる救難隊員**

遭難者及び救難隊員をUH-60Jに収容すると、U-125AはRWY21L着陸後にタキシングして、UH-60Jは直接に所定のスポットに着陸して捜索救難が終了します。

救難隊員は、人命救助という重要な任務を冷静かつ的確に遂行していきます。キビキビとした動きとともに、使命感が強く伝わってきて本当に頼もしいですね。
スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/07(土) 10:36:00|
  2. 百里基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5388列車を撮る(第9回) | ホーム | 常磐線のEF81を撮る(第14回)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/tb.php/113-84516bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。