Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デジタル一眼レフと交換レンズのメインテナンス(第1回)~サービスセンターを活用する

使用しているデジタル一眼レフ Nikon D300は購入して2年が経過し、シャッター・レリーズ数も11,000回を超えました。今月25日(日)には航空自衛隊百里基地において第27回航空祭が開催されますが、当日はD300をメインで使うことになるので、17日(土)にニコンプラザ銀座(サービスセンター)でDXレンズ(16-85mm)とともに点検をしてもらいました。
デジタル一眼レフと交換レンズのメインテナンスをシリースで特集します。第1回は、点検の概要と係員から聞いた有用なアドバイスについてまとめてみたいと思います。

1.点検の概要

受付時にカメラの外観、装着品及び電源をONにして簡単な動作チェックを行って、大きな不具合がないかどうかを確認します。この段階でカメラには問題がなかったものの、レンズの距離リングとVR動作に支障があることが判明しました。
その後、別室にカメラとレンズを持ち込み、点検機器を使った詳細なテストを行うようです。指定された時間に窓口に戻るとチェックシートにより点検項目と合否を説明してくれます。
カメラには特段の問題はなく所定の性能を維持しているが、やはりレンズは修理が必要という結果でした。(汗)

2.ローパスフィルターの清掃

デジタル・カメラにおいて撮像素子は心臓部であり、その前面にあるローパスフィルターは空気と直接触れる部分です。レンズ交換が可能な一眼レフでは、チリや埃の付着を完全に防止することはできません。
清掃について係員と話をしていると、ミラーアップ・クリーニングに関して以下のようなアドバイスをしてくれました。

1)ローパスフィルターを明るい太陽光で反射させると、チリや埃が付着しているか目視で確認できる。
2)片方の手でカメラのレンズマウント部を下向きにして支え、もう一方の手でゴム製(通常)のブロアを上向きにしてエアを吹きかければ、大き目のチリや埃のほとんどが除去できる。
3)スプレー式のブロアはガスの原液が出て、ローパスフィルターに付着する可能性があるので、絶対に使用しない。
4)前2号によっても除去できない付着物がある場合は、クリーニング液を使用して清掃しなければならない。

D300の購入以来、本格的なローパスフィルター清掃をしていませんでしたので、オプション項目に追加すると費用は1,000円(消費税込み)で所要時間は約60分です。

Digital camera_11
**ローパスフィルター清掃講習会のパンフレット**

ニコンプラザ銀座では定期的に技術係員による清掃講習会を開催しています。料金は無料ですので、早速、8月7日(土)の受講を申し込みました。
その内容については、追って記事にしてみたいと考えています。

3.費用その他

初期性能を維持しているかどうかの点検のみであれば、ニコンの場合はカメラ及びレンズともに費用は無料で所要時間は約30分ですが、他のメーカーでは相違(費用など)している可能性があります。
因みに、16-85mmDXレンズの修理代は技術料11,500円、交換部品代8,800円、消費税1,015円の計21,315円の見積もりで今月末の完了予定です。主たる使用レンズではないのですが、修理しない訳にもいきませんので致し方ありません。(涙)

カメラ及びレンズを使い続けていると、小さな変化に気づかないことが数多くあります。所要の性能を維持していくうえで、定期的な点検は非常に重要な要素だと改めて認識しました。また、有用なアドバイスはユーザーにとって貴重な財産ですので、サービスセンターと上手く付き合っていきたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2010/07/23(金) 06:26:32|
  2. 写真撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<「渡船」栽培フォト・リポート(第5回)~「中干し」を撮る | ホーム | 「カシオペア」、「北斗星」を撮る(第14回)~EF510見参(その3)!!>>

コメント

ローパスの清掃は自分で出来るようにしておくほうがいいと思います。
で、講習会に持っていくのならD700の方をお勧めいたします。
というのもD700とD300ではローパス周りの空間の広さが違います。
D700はキツキツなので拭きにくい。
逆に言えば講習会場でいろいろと指導を受けることも出来るんじゃないかと思います。

私はというとD70の頃からずっとニコンクリーニングキットで自分でやっています。
一番拭きやすかったのはD70、D80は脇に空間があってそちらに持っていけばOK。
でもD700にはその空間が無いのでふき取るしかありません。

ゴミの確認方法ですが実は簡単です。
長玉を使いめいいっぱい絞ってピントはなるべく近距離にして何も無い空を撮る。

そうすると光はなるべくまっすぐローパスを通り像となります。
でも、もともとピンポケを取っているわけですから何も写る筈はありません。
でも、ローパス上のゴミだけは影となり写ります。
一度お試しください。

自分で清掃できるようになるとレンズの交換は怖くありません。

レンズやローパスと映像素子との間にカビを入れない為にもやっておいたほうが私はいいと思います。

  1. 2010/07/23(金) 08:38:05 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

ローパスと映像素子の間のゴミの件ですが
ニコンではエアーダスターで押し込んでいるんだ
だから保障外との扱いをしています。

実は今までに私は2件発生例を知っていましてどちらもかなり高い修理代を言われています。
うち一件に関しては以下を参照
http://carulli.maxs.jp/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=9092;id=#9092
この書き込みには前があります
どちらもニコンのサービス以外での清掃はなし。

うちの場合、年に数回は使っていなくても清掃をしています。
まぁ、消毒みたいなものでしょうか。
  1. 2010/07/23(金) 11:53:16 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

>2)カメラを下向きにして通常のブロアでエアを吹きかければ、大き目のチリや埃のほとんどが除去できる。

これに関しては大き目はなくなりますが逆に小さいのが増えることもあります。
現場以外ではあまりやりません。
やはり清掃する時はするという事です。

あとブロアーは元々上向きにして使うものです。
というのも落とした埃をまた付着させないためです。

DX18-85の修理内容は何でしたか?
うちで壊れた事のあるNikkorってDX18-70位なものです。(11ヶ月目にズームのギア落ち、無償修理)
  1. 2010/07/24(土) 06:18:50 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

Re: Stratolinerさんへ

いつもコメントありがとうございます。有用なアドバイスをいただき、心からお礼申し上げます。

メインテナンスのことは、以前から記事にしたかったのですが、D300の点検を機にやっと実現することができました。D700の件、了解です。当日、会場に持参して質問してみます。

>でも、ローパス上のゴミだけは影となり写ります。
なるほど、これならモニターで小さなゴミの付着も確認できますね。

>ニコンではエアーダスターで押し込んでいるんだ、だから保障外との扱いをしています。
ローパスフィルターと撮像素子は一体ではないにしても、ほぼ密着して余りチリなどが入り込む余地はないのかと考えていました。そうではないんですね。

>あとブロアーは元々上向きにして使うものです。
「片方の手でカメラのレンズマウント部を下向きにして支え、もう一方の手でゴム製(通常)のブロアを上向きにしてエアを吹きかければ、...」が正確な内容ですので、本文記事を修正しておきます。

>DX18-85の修理内容は何でしたか?
ワイド端、テレ端ともに∞位置まで距離リングが回らず、直前で止まってしまいます。また、VRは一旦動作するもののショックが大きく、その後はブレの抑制作動がしなくなるとのことです。また、DXレンズ(16-85mm)が正当ですので、これも本文記事を修正しておきます。

コメント欄ではチェックする方も限られると思いますので、これらのポイントを次回記事(「ローパスフィルターのクリーニング」)の追記欄で一部引用させていただいても宜しいでしょうか。不可の場合は、遠慮なくお知らせください。
  1. 2010/07/26(月) 23:06:54 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

>なるほど、これならモニターで小さなゴミの付着も確認できますね。

実際後ろのモニターだけだと見落としをしますけれどある程度は確認できます。
私はPCのモニターで画像の白黒を反転させてチェックしています。

>ローパスフィルターと撮像素子は一体ではないにしても、ほぼ密着して余りチリなどが入り込む余地はないのかと考えていました。そうではないんですね。

ここが問題なんです。
天体写真のサイトなどでローパスの除去の話が載っているので見てみるとわかりますが単に軽く接着していたりネジ止めしているだけのようです。
その為脇から入り込む余地があるようです。
いずれにしても掃除はするべきですね。

>DX18-85の修理内容は何でしたか?
ワイド端、テレ端ともに∞位置まで距離リングが回らず、直前で止まってしまいます。
また、VRは一旦動作するもののショックが大きく、その後はブレの抑制作動がしなくなるとのことです。

ギア落ちという感じでしょうか。
うちの場合、壊れたのはDXの18-70。
突然ズームがひっかかりスカッといってしまいました。

修理代約22000円ですか。
私の場合、元々色合い的にもED使っているレンズが好きではないでメインはClassic AF Nikkorです。
あれは信頼性抜群です。
一度AF Nikkor 35-70 F2.8Dとか見てみるとわかるとおもいます。

>コメント欄ではチェックする方も限られると思いますので、これらのポイントを次回記事(「ローパスフィルターのクリーニング」)の追記欄で一部引用させていただいても宜しいでしょうか。

ご自由にどうぞ。
  1. 2010/07/27(火) 06:06:50 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

いよいよ今日 講習会ですね。
  1. 2010/08/07(土) 17:18:22 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

Re: Stratolinerさんへ

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

昨日のクリーニング講座では10人程の受講者に2人の講師が付き、親身な解説と実演で丁寧に教えていただきました。ビデオを見ながら約1時間半の講習ですが、シルボン紙の巻き方とUVフィルターの清掃練習が4割程度、実際のローパスフィルター清掃は1割程度の時間だと思います。
クリーニングではゴミは全てなくならないことを前提にしていたこと、当たり前なのですがゴミの付着を減らすにはカメラ周りの取扱いに注意を配ることが重要だとアピールしていたのが印象的でした。

詳細は今後の記事で掲載する予定ですが、非常に有用な講習会で今後に活かしていきたいと考えています。
  1. 2010/08/08(日) 23:14:49 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

実はフィルターの清掃の方がローパスよりも大変なんですけれどね。(練習としてはいいと思います。)

ゴミを許容って興味深い話ですね。
どの程度までは許容しろと言ってましたか?
というのもかなり前にニコンに出した時にゴミがあまり取れてなくて残っているぞって言った事があります。
その時の回答が「どうせそんなに絞らないでしょ」との事。
AEのPモードだと絞り込んでしまうこと結構ありますからそれはそれでおかしいんですけれどね。
それ以来ずっと自分で清掃です。

昨日は今月30日で閉鎖される羽田のD滑走路展望台まで行ってきました。
もちろん携帯自転車使いました。
  1. 2010/08/09(月) 06:31:47 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

Re: Stratolinerさんへ

おはようございます。いつもコメントありがとうございます。羽田のD滑走路展望台閉鎖は残念ですね。

フィルター清掃の方がローパス清掃より、気を使って手間がかかるとは初めて知りました。(汗)

>どの程度までは許容しろと言ってましたか?
詳細は割愛(今後の記事で記載予定)しますが、「ごく小さなゴミは画質への影響が少ないので、余り神経質になる必要はない」という説明です。
講習会でも数値によりゴミの大小を特定していませんので、カット&トライで何度か清掃を実践し、自分の判断レベルと技術向上を図る必要があるのかもしれません。
  1. 2010/08/10(火) 06:31:36 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

羽田のD滑走路展望台閉鎖は今月30日ですから一度行かれてもいいと思います。
新整備場からあるくとエンジンランアップエリアの脇を抜けたりします。
一般道ですが「関係者以外立ち入り禁止」の札がついています。
でもD滑走路展望台へ行くと言えばOKとの事でしたので今まではOKでした。
それが無くなるのも残念です。

ゴミに対する考え方の話、サービス側的な説明ですね。
確かに普通の風景では目立たないでしょうけど空の面積の大きくなる飛行機などではかなり目立つのはご存知の通りです。
正直飛行機写真での許容は限りなく0に近いと思ったほうがいいと思います。

私の場合F32とかもっと上でうっすら見えるのがなくなるまでやります。
シルボン紙は一応1セット余分に持っておいていいと思います。
なかなか取れないときは一回に20枚位平気で使いますから。

フィルターの場合は両面でさらに縁が丸いですからね。
しかも汚れの種類も違う。
ニコンのサービスに最初聞いたときにフィルターが実は一番大変って言われました。
  1. 2010/08/10(火) 07:58:18 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

Re: Stratolinerさんへ

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。ゴミに関する説明を聞いた時は、私も少し言い訳がましいかなと感じました。

D700を使い始めて1年2ヶ月になりますが、これまでブロアでのエア吹きかけのみで無水アルコールによるローパスフィルター清掃は行っておらず、他の受講者に驚かれました。私自身、「完全ではないにしてもレタッチで何とかなる」と深刻に考えていなかったことも理由の一つです。(汗)
画像の品質をどこまで許容するかは、個人の考え方次第でしょう。最上画質を維持するために微細なゴミを除去しないと納得しないユーザーもいれば、そうでないユーザーもいるはずです。一眼レフではローパスフィルターにゴミ(チリやホコリ)が付着することを前提に、清掃の必要性をどう認識し実践するかは、最終的には当人が決めるものだと考えています。
  1. 2010/08/11(水) 23:28:07 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

私が書きたかったのは指導側がゴミを許容しろというのはメーカーらしくないという事です。
これが自分たちで取れなければお金払ってサービスで清掃に出してくださいというのでしたらわかります。
ですからどの程度まで許容しろと言っていたのか気になったわけです。
まぁ、それぞれですけれど掃除はしないといけないのだけは確かです。
  1. 2010/08/13(金) 09:18:28 |
  2. URL |
  3. Stratoliner #5n1ofFl6
  4. [ 編集 ]

Re: Stratolinerさんへ

いつもコメントありがとうございます。お考えは私も理解できます。

ローパスフィルターが密封されていない一眼レフでは、ゴミの付着を完全に回避できないのも明白な事実。とすれば、開示するかどうかは分かりませんが、ニコンが何らかの基準を持っている可能性もあるでしょう。
後日、この点を含めて私なりの見解を記事にしてみたいと思います。
  1. 2010/08/14(土) 10:22:19 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/tb.php/107-b5e3cc82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。