Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Saitek X-65F Combat Flight System & Pro Flight Rudder Pedalsの使用リポート(第3回)

日本ではFSの人気が低調なのであまり注目されていませんが、昨年に海外で発表されて話題となった感圧式(フォースセンサー使用)HotasがSaitek社のX-65Fです。今回は、Rudder Pedalsに引き続いてX-65Fの概要をリポートします。

1.外観

X-65F_1
**X-65Fのパッケージ一式**

コンパクトな箱を開けると専用のウレタン緩衝材の中に、スティック、スティック・ベース、取付用ビス(必要数)とレンチ、スロットル(ケーブル付)、コントロール・ボックス(2個)、同装着バー(2本)、ゲージ、説明書、ソフトウェア・インストールCD(2枚:1枚はLock-on Flaming Cliffsのデモ)、固定用マジックテープ4組が梱包されています。

X-65F_2
**簡単な組み立て説明書(A)**

X-65F_3
**簡単な組み立て説明書(B)**

X-65F_4
**簡単な組み立て説明書(C)**


スティックを専用ビスでスティック・ベースに取り付けます。次に、各コントロール・ボックスをローレット・ビスで連結した後、2本の装着バーをローレット・ビスで取り付けて、スロットルと装着バーを4本のローレット・ビスで固定します。最後に、スロットルから出ている2本の専用ケーブルをプラグの表示に従い、スティック及びコントロールボックスのコネクターに接続してハードウェア・セットアップは終了です。

X-65F_5
**スティック(前側)**

X-65F_6
**スティック(右側)**

X-65F_7
**スティック(左側)**

X-65F_8
**スティック(後側)**

「X-65Fのロゴ」がある面を前側にした4面のショットです。後側にはスロットルからのケーブルを差し込むためのコネクターが装備されています。
肝心のスティックは単体では全く動かずベースに固定されているような感じです。通常のジョイステックとは異質で不思議な感覚かもしれません。

X-65F_9
**スロットル(前側)**

X-65F_10
**スロットル(右側)**

X-65F_11
**スロットル(左側)**

X-65F_12
**スロットル(後側)**

スティックと同様のショットです。後側にはPCに接続するUSBケーブル、スティック及びコントロール・ボックスとの接続ケーブルがあり、その裏面にはスロットルの作動感(軽重)を調整するためのノブが装備されています。
スロットルの動きはある一点を中心にして回転するのではなく、じっくりとスライドするような感じです。ちょうどRudder Pedalsを動かしたような感覚ですね。

X-65F_13
**各種設定が可能なコントロール・ボックス**

X-65F_14
**スロットルに取り付けたコントロール・ボックス**

左側のSWがある方がフォースセンサーの感度などを切替え可能なコントロール・ボックスで、右側はフォースセンサーの設定値を示しています。コントロール・ボックスの左右や上面にはビス穴があり、他のPro Flightシリーズ用機器の取り付けが可能になっています。
また、コントロール・ボックスをスロットルに取り付けると奥行きが約31cmになりますので、スペースが制約される場合は装着バーを取り外して使用した方が良いかもしれません。

2.購入先と価格

以前からペイウェア・アドオンなどをダウンロードして、信頼度が高いFSPilotShop.comで購入しました。本体が344.95$(通常価格は399.95$)+送料47.90$の合計397.85$、5/25の円ドル・レートが91.25円ですので購入価格は36,304円位(クレジットカード払い)です。また、個人輸入品扱いですので、関税として800円を配送業者に支払いました。
秋葉原の某ショップでは5万円弱で販売しているため、相当廉価で入手できたことになります。こちらも直輸入品(日本の代理店では扱いなし)ですので、初期故障による交換を除いてサポートについては個人輸入と同等と思われます。

3.その他

X-65Fは、金属製なので適度な重量感(Hotas Cougarよりは軽い)があって質感も上々です。やはり、フォースセンサーを装備しているのが最大のポイントでスロットルにホールセンサーを使用していれば、電気的な接触部分がないので劣化の心配もありません。
価格以上のメリットがあるなという印象ですが、直輸入品なので故障した際のアフターサービスが唯一の気がかりでしょうか。

次回は、ドライバのインストール及びFSでの操作感などを特集します。
スポンサーサイト

テーマ:ハードウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/06/29(火) 06:34:27|
  2. ジョイスティック & ペダル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<「渡船」栽培フォト・リポート(第4回)~成長しています(その2) | ホーム | 「カシオペア」、「北斗星」を撮る(第12回)~EF510見参(その1)!!>>

コメント

はじめまして、購入検討中の者です。
一つお尋ねしたいのですが、
FlightSim Pilotshopでは支払いは何でしましたでしょうか?
  1. 2011/10/16(日) 21:58:30 |
  2. URL |
  3. X-65F #Q5CjbdH.
  4. [ 編集 ]

Re: X-65Fさんへ

初コメントありがとうございます。コンバット系を含めてFSを楽しむ場合、X-65Fは推奨ジョイスティックの有力候補になるでしょう。

FSPilotShop.comではクレジットカードで購入しました。円高の進行により昨年6月時点よりも約15%割安なので、アフターサービスを気にしないのなら購入を検討してみるのも良いと思われます。
なお、本文記事は「クレジット払い」との記載でしたので、「クレジットカード払い」に修正しておきました。
  1. 2011/10/17(月) 22:18:48 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

返信ありがとうございます。
クレジットカード払いですか、了解です。
当方現在学生でして、クレジットカードを持っていないもので、気になって聞いてみました。
ちなみにメインにプレイしているタイトルはIL-2 Stulmovik 1946です。
そうすると代金引換か銀行振り込みができる輸入代理サービスを使うことを検討したほうがよいのかもしれませんね。
今、USアマゾンで検索してみたらX-65Fは304ドルでした。
ご返答どうもありがとうございました。
  1. 2011/10/18(火) 15:46:01 |
  2. URL |
  3. X-65F #Q5CjbdH.
  4. [ 編集 ]

Re: X-65Fさんへ

おはようございます。スティックは全く動きませんが、X-65FならIL-2 Stulmovik 1946でも好適だと思いますよ。

ご家族がクレジットカードをお持ちなら、了解のうえで利用させていただく方法も良いかもしれません。
Amazonの304ドルは超お買い得なので、前向きに検討して解決策を見出してくださいね。
  1. 2011/10/20(木) 06:24:00 |
  2. URL |
  3. Hirorin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiro0601sky.blog12.fc2.com/tb.php/100-dc542866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。