Hirorinの徒然ブログ

写真、PC、フライトシミュレーターを主体に考えていることや感じたことを記事にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地元産品に注目しよう~日本酒の逸品を見つける

寒い季節に美味しい食べ物の代表は何と言っても鍋。野菜、肉、海産物、茸に豆腐をたっぷり入れて、じっくり煮込むと旨みがジワーとしみ込んで超ウマーイ。それに加えてもう一つの楽しみがお酒、やはり日本料理には日本酒が良いですよね。それも、昨年収穫された米を使って仕込まれた新酒が一番かなー。
今回は、奥が深く全国各地に数多くの銘酒がある日本酒の中でもお勧めの逸品、我が町内にある蔵元「府中誉」を紹介します。

Hucyuhomare_1
**重厚な「府中誉」の母屋**

府中誉の母屋、仕込蔵は、2005年6月に文化庁の有形登録文化財に指定された江戸時代創業の歴史を感じさせる風情ある建物です。その奥に酒造りを行っている醸造所があります。
その中で各種作業を指揮しているのが、若手社長であり杜氏でもある山内孝明さん。彼の日本酒にかける情熱は相当なもので、昔ながらの製法や製造機材にこだわりながらも、洗米や蒸し方を定量化するなどの合理的な手法を採り入れています。そして、石岡の水と米を使って出来上がるのが、「渡舟」、「太平海」、「府中誉」などの銘酒の数々です。しかも、それぞれに季節限定のバージョンがあるのも酒好きには見逃せないポイントでしょう。

Hucyuhomare_2
**渡舟「大吟醸」、渡舟「ふなしぼり」、府中誉「にごり酒」**

特に、「渡舟」は孝明さんの情熱が実を結んだ一心入魂の酒です。名前の由来となった渡船は、明治から昭和初期まで茨城県内でも栽培されていた酒米で有名な「山田錦」の親品種に当たります。ところが、1)病害虫に弱い、2)食米より収穫が1ヶ月も遅い、3)稲穂が倒れ易い、などの理由で栽培が途絶えていました。山田錦は作付け実績の無い茨城県では入手が難しいという背景もあり、つくば市にある「農水省農業生物資源研究所」が冷凍保存していた少量の種もみを譲り受け、1989年春から試験栽培を開始しました。その後、八郷町(現石岡市太田)の農家の協力を得て筑波山麓の谷津田での本格栽培を始め、収量も増加した1995年に「渡舟」が誕生することになります。正に酒にストーリーあり、渡舟の「フルーティーで芳醇な香りとしっかりとしたコクがあり、さらっとした飲み口の良さ」は絶品です。
その他にも、冬季限定販売の「にごり酒」は僅かな発泡性を持ち、辛口でフレッシュな切れが持ち味。酒米の五百万石で造られる「太平海」もまろやかで喉ごし良く、すっきりした後味が特長です。「百聞は一味にしかず」、その旨さと品質の良さを是非ご堪能ください。
美味しい銘酒揃いの「府中誉」、酒造りの意気込みと商品の詳細は同社ホームページ(以下のリンク)にアクセスしてくださいね。

「府中誉」

皆さんも地元の蔵元が造る日本酒をチェックしてみませんか。きっと新しい発見があるはずです。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/03(水) 06:27:30|
  2. フーズ & ドリンクス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地元産品に注目しよう~採れたて野菜が美味い

今回は、趣向を変えて食べ物の話題を取り上げてみます。最近、「フード・マイレージ」という言葉を良く耳にしますよね。

その意味は、食物が生産地から日本国内(或いは販売店舗)に入るまでの距離をマイルで現したもので、地球的な環境問題になっている二酸化炭素排出量又は輸送に要するエネルギーを算出するベースになるものです。
ある食物に関して輸送手段に対するマイル当たりの二酸化炭素排出量及び所要エネルギーが分かれば、その数値にフード・マイレージを乗じることで生産地から消費者の手に入るまでに排出した二酸化炭素及び又消費したエネルギーが判明します。この数字が小さいものを購入し食するのが、地球にも優しい生活をするという訳です。即ち、我々が今日からできる低フード・マイレージ・ライフとは、居住地の近くで生産され販売されている食物を購入することでもあります。
ところで、私が居住している茨城県は関東地方でも有数の農業県で、森や林とともに田んぼや畑が数多くあり、野菜、果物、養豚や養鶏、鮮魚など豊富な食物資源に恵まれています。

Vegetable_photo
**生産者名が表示された新鮮な野菜・果物(トマト、キュウリ、大根、柿)**

その中でもお勧めなのが、地元の産直店で販売されている数々の新鮮な野菜です。各農家で栽培されて朝に採取したものが開店と同時に店頭に並びます。
これらの野菜を生で食べたり、調理して食べると、フレッシュで食感と味がスーパーのものとは全く違うのです。また、近郊における生産品の直売方式のため2~3割位は価格が安く、どの野菜にも生産者の名前が表示されています。正に味良し、値段良し、安心感良しの3拍子揃い踏みの優良商品です。
これこそ、低フード・マイレージの典型と言えるものでしょう。因みに、今回の記事で特集した野菜は土浦市の産直店「クルトロード」(以下のリンク)で購入しました。是非、皆さんも地元の産直店をチェックしてみてくださいね。

「クルトロード」
  1. 2010/02/12(金) 21:57:48|
  2. フーズ & ドリンクス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Hirorin

Author:Hirorin
FC2ブログへようこそ!


【座右の銘】
・一期一会
・One for All, All for One


【趣 味】
・写真
・パソコン
・フライトシミュレーター
・オーディオ
・ゴルフ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
百里基地 (135)
成田空港 (3)
ライフスタイル (3)
ネイチャー (9)
写真撮影 (12)
EF81 (63)
SL (1)
EF510 (37)
フライトシミュレーター (5)
Boeing 747 (10)
ブックマーク (8)
パソコン (8)
EH500 (15)
フーズ & ドリンクス (2)
酒米「渡船」 (20)
カシオペア & 北斗星 (48)
5388列車 (21)
ジョイスティック & ペダル (4)
かしてつバス (2)
A380 (2)
安中貨物 (23)
651系 (44)
常磐線 & E653系 (36)
ED75 (11)
Windows Home Server (7)
鉄道写真撮影 (8)
接写 (4)
地蔵堂と大銀杏 (9)
新田原基地 (13)
E657系 (27)
Windows 8 (3)
臨時(イベント)列車 (3)

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。